FC2ブログ

ロバさん家の覚書〜側弯症の記録〜

娘の側弯症の備忘録です。。。
TOPスポンサー広告 ≫ 装具装着6ヶ月後の検診TOP定期検診 ≫ 装具装着6ヶ月後の検診

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

装具装着6ヶ月後の検診

 4月になり病院の近くにある公園も綺麗な桜が満開
 自然とウキウキしてくるのですが・・・現実は甘くない(^ ^;)
 装具を着け始めて約半年が経ちました。
 CA5HN4PR.jpg
 装具なしでは上が42°で下も42°
 CAPQ7LH3.jpg
 装具ありでは上が39°で下が38°
 
 まぁ、良くも悪くもなっていない状態です。

 春休みのせいもあってか病院内は中高生の姿がチラホラ
 装具を持参している子もいて改めて側弯症患者が結構いるんだなぁ~と思う。
 思わず症状を聞きたくなるが娘より軽度だと落ち込むので止めた(笑)

 さて先生の受診。。。
 ん~正直これと言った話はなく様子をみる感じ。
 でも、そろそろ手術をするかしないかの決断を迫られる時期には来ているみたい。
 高校生は忙しい 高2ともなると修学旅行がある
 なんせうちの娘の高校は3年生でも研修旅行と銘打った海外旅行が1月末にある
 手術をすると半年間は飛行機に乗れないらしい・・・大好きなジェットコースターも。
 術後3ヶ月は保護的な装具も着けるから季節とかも考慮したいし・・・
 となると手術は今年の冬か春休みになる。
 自己血を取りに通う事を考えると冬の手術は難しい(11月に2週間ほど居ないからね・・・)
 なんとなく先延ばしにしたい気持ちもあるから話は進まない。

 うちの娘は比較的、初潮年齢が早かったので骨の成長も落ち着いているらしい。
 ただ角度がこのまま進行しないかと言えば保障はない
 腰痛も腰のハリとかも全く無く痛くも痒くもない状態だから更に悩む
  
 とりあえず次回は夏に検診を受けて夏休みに3日間ほど検査入院する事になった
 手術を全く考えていなかったらしい娘は検査入院という言葉にビビッてましたが(^ ^;)
 検査は脊髄?背骨?に投影剤?かなにかを入れてCTを撮るみたいです。
 骨に異常があっては困るし、手術をする時の事を考えてボルトを入れる道を見るようです
 ん~なんか聞いてるだけで怖い・・・娘の前では平静を装いましたが(^ ^;)

 娘の質問はこれまた可笑しくて(いつも先生に大笑いされます)
 娘 :「術後の装具ってどんな感じ?見せてよ~」
 先生:「いや~人によって違うからなんとも言えないけど何処の骨まで固定するかによって
     装具の作り方が変るんだ」
    「上の方までボルトを入れると装具もかなり上の方まである(顎まで来る)ので
     服から見えるね」
 娘 :「はぁ~そんな装具なら着けないし~」
 先生:「(大笑)いや~なんとか上から5個目からに出来るんじゃないかな」
    「そういう事(希望)もカルテに書いとかな駄目だね~」

 聞いてるこっちがハラハラしてしまう会話。。。
 優しく寛大な先生で本当に助かっています^^
 
 とりあえず検査をしてリスクなども話すので今後のことを決めましょうとなりました。

 今回の診察代は1060円でした(自立支援医療受給者証が3月で切れた為3割負担)
 
関連記事
スポンサーサイト
定期検診 | Comments (-) | Trackbacks (-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。